【メモ】Windows10にWSL2をインストールする

Windows10にWSL2(WIndows Subsystem for Linux)をインストールする方法について、Microsoftの情報をもとにして整理した内容となります。

・2021/04/07 Windows10用Windows Subsystem for Linuxのインストールガイド docs.microsoft.com

Linux用Windowsサブシステムを有効にする

管理者としてPowerShellを開いて、以下を実行します。

$ dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

仮想マシンの機能を有効にする

WSL2をインストールする前に、「仮想マシンプラットフォーム」オプション機能を有効にします。

管理者としてPowerShellを開いて、以下を実行します。

$ dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

設定を有効にするために、一旦再起動しておきます。

Linuxカーネル更新プログラムパッケージをダウンロードする

(1) 最新のパッケージをダウンロードします。

 ・64bitマシン用WSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージ

  https://wslstorestorage.blob.core.windows.net/wslblob/wsl_update_x64.msi

(2) ダウンロードした更新プログラムを実行します。

ダブルクリックして実行します。管理者特権のアクセス許可を求めるメッセージが表示されたら、「はい」を選択してこのインストールを実行します。

WSL2を既定のバージョンとして設定する

管理者としてPowerShellを開いて、次のコマンドを実行します。

$ wsl --set-default-version 2

Linuxディストリビューションをインストールする

Microsoft Storeで、希望するLinuxディストリビューションを選択してインストールします。

・Ubuntu 20.04 LTS

 https://www.microsoft.com/store/apps/9n6svws3rx7l

インストールしたら、起動して設定しておきます。

ディストリビューションのバージョンをWSL2に設定する

インストールされているLinuxディストリビューションに割り当てられているWSLバージョンを確認して設定します。

$ wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>

ここで、<distribution name>はディストリビューションの実際の名前で、<versionNumber>はWSL2の場合は”2″となります。

また、WSL2を既定のアーキテクチャーにする場合には、次のコマンドを実行します。

$ wsl --set-default-version 2

以上です!

この記事をシェアする
目次
閉じる