WSL2にSSDを直接マウントする

現在のWSL2では、外部ストレージをマウントして使えるようになっています。
そこで、Raspberry Pi OS 64-bit版をコピーしているSSDを接続してみましょう。

管理者モードでPowerShellを起動して、次のコマンドを実行します。

PS C:\WINDOWS\system32> GET-CimInstance -query "SELECT * from Win32_DiskDrive"

DeviceID           Caption                              Partitions Size          Model
--------           -------                              ---------- ----          -----
\\.\PHYSICALDRIVE1 NVMe KBG40ZNS512G NVMe KIOXIA 512GB  5          512105932800  NVMe KBG40ZNS512G NVMe KIOXIA 512GB
\\.\PHYSICALDRIVE0 WDC WD10EZEX-75WN4A1                 1          1000202273280 WDC WD10EZEX-75WN4A1
\\.\PHYSICALDRIVE2 Realtek RTL9210B-CG SCSI Disk Device 2          500105249280  Realtek RTL9210B-CG SCSI Disk Device

接続したSSDのDEVICE IDが”\\.\PHYSICALDRIVE2″として見えています。

そこで、このDEVICEIDでWSL2にマウントします。

PS C:\WINDOWS\system32> wsl --mount \\.\PHYSICALDRIVE2 --bare

これでWSL2側から使用できるようになります。ここで、”–bare”はパーティション分割されたディスクの場合または、どのようなパーティションがあるか不明な場合に使用します。パーティション分割されていないディスクの場合には”–bare”オプションが無くても大丈夫です。
続けて、WSL2側から状況を見てみます。

$ lsblk
NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
loop0    7:0    0 331.6M  1 loop /mnt/wsl/docker-desktop/cli-tools
loop1    7:1    0 302.9M  1 loop
sda      8:0    0   256G  0 disk
sdb      8:16   0 339.8M  1 disk
sdc      8:32   0   256G  0 disk /
sdd      8:48   0   256G  0 disk /mnt/wsl/docker-desktop/docker-desktop-proxy
sde      8:64   0   256G  0 disk /mnt/wsl/docker-desktop-data/isocache
sdf      8:80   0 465.8G  0 disk
├─sdf1   8:81   0   256M  0 part
└─sdf2   8:82   0 465.5G  0 part

接続したSSDがsdfとして見えています。またRaspberry Pi OSのbootとrootfsパーティションがsdf1、sdf2として見えています。
実際にWSL2側のUbuntuからマウントして使ってみましょう。

$ sudo mount /dev/sdf2 /mnt
$ sudo mount /dev/sdf1 /mnt/boot

これでWSL2側から読み書きすることができます。使い終わりましたらUbuntuからアンマウントします。

$ sudo umount /mnt/boot
$ sudo umount /mnt

続けてWSL2側からもアンマウントします。

PS C:\WINDOWS\system32> wsl --unmount \\.\PHYSICALDRIVE2

SSDを取り外す前には、念のためにWindows側の「USBの取り出し」も実行しておくのが良いでしょう。

参考LinuxディスクをWSL2にマウントする docs.microsoft.com
   この機能にアクセスするには、Windows11ビルド22000以上である必要があります。
   その他の詳細な使い方については、このマイクロソフトからの文書を参照して下さい。

この記事をシェアする
目次
閉じる