Docker Buildxを有効化する

Dockerのコンテナーイメージをビルドするためにbuildコマンドを使いますが、機能拡張されたBuildxを使うことができます。このBuildxを使うことで、マルチCPUアーキテクチャー対応など様々な機能を使うことができるようになります。

Docker Desktopであれば、WindowsでもMacでもBuildxの機能がビルドの既定値として有効化されていてdocker buildだけで使用することができます。しかしRaspberry Pi OSやUbuntuの場合、そのままではdocker buildx buildとして使うことになり多少面倒です。

そこでbuildの既定値としてBuildxを有効化するためには、/etc/dockerディレクトリーにdaemon.jsonファイルを作成して次のような内容を設定しておきます。

{"features":{"buildkit": true}}

これでDockerを再起動すれば、docker buildの既定値としてBuildxが有効化されます。

参考:Docker公式ドキュメントのFeature options、同公式ドキュメントの Docker Buildx

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる